停止線

一時停止線

下の図は丁字路に下から上へ進入する場合を示します。こちら側には停止線が有り、合わせて「止まれ」の標識が有る場合が多くあります。
このような場所で左の図のように交差側の道路の自転車あるいは歩行者、自動車等に接触しそうになったことは無いでしょうか。
この図では上に進む車が止まる気配が無いので明らかに危険と分かりますが、減速したり止まる場合でも安全確認が不十分であれば同じようなことが起こりえます。

一時停止線一旦不停止 一時停止線一旦停止

一時停止線 (1)「止まれ」の標識が有る場合は、停止線で止まらなければなりません。
  このときは「車体の先端」が停止線上です。交差点の形状によってはこの位置では自車の安全は確認できないかもしれません。
(2)次に「自車を交差側道路に示す」ために「徐行」で交差点まで進みます。
  このときは「車体の先端」が交差側道路の路肩です。ここまで進行すれば交差側の道路から自車が確認できるため、注意させることができます。
(3)次に「自車が安全を確認するため」に「徐行」で交差点に進入します。このときも交差側の状況を十分確認し、危険であれば停止します。

「止まれ」の標識が無い場合でも、交差点の安全が確認できない場合は停止あるいは徐行で進入するべきです。
よくあるのが、「自車が確認できる」あるいは「運転者が停止線上にいる」位置まで「一気に」進入してくる車がいますが、 このような位置では「車体の先端」は交差点にすでに進入していることになります。
交差側に通行車が有ったり、歩行者・自転車が通っていればどうなるでしょうか。いわゆる「出会い頭」の事故が発生することになります。

運転術メニュー運転術メニューへ

メインメインへ

inserted by FC2 system