花脊峠

kyoto_r38-02-1 この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(大原)および5万分の1地形図(京都東北部)を使用したものである。
貴船峠へ向かうr361分岐付近は拡幅されているが、r361との分岐を超えると未改良区間になる。改良事業中である。 事業中の道路事業:京都広河原美山線(鞍馬北工区)

旧・花脊峠

kyoto_r38-02-1-1.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(大原)を使用したものである。
鞍馬寺・鞍馬温泉までは行楽期に離合で渋滞が発生するほどであるが、鞍馬温泉を過ぎると、通行量は少なくなり、花脊峠を越える区間となる。
花脊峠には旧峠があり地形図にも載っているが、旧峠道の京都市街側は車道ではなく一部廃道になっている。美山側は未舗装で車での通行は可能である。

旧・花脊峠 旧・花脊峠 (左)A地点・京都市街側分岐、柵の奥が旧々道。(右)しばらく未舗装の山道が続く。
旧・花脊峠 旧・花脊峠 (左)石垣が残る。(右)中央:鉄製の橋が架かる。
旧・花脊峠 旧・花脊峠
(左)鉄塔の巡視路を示す矢印か:巡視路は途中まで旧々道に沿っている。(右)(C地点付近)このあたりで旧々道が不明瞭になっている。山の上は美山側から続く旧々道。
旧・花脊峠 旧・花脊峠写真集(file size:938kB)

旧・花脊峠 B地点・美山側分岐、分岐は「旧道別れ」バス停。以下の写真は、ここから京都市街向きに進む。
旧・花脊峠 旧・花脊峠 (左)旧・花脊峠。社がある。直進が旧々道美山方向。左折で芦生方面。(右)木立を進む。
旧・花脊峠 旧・花脊峠 (左)小川沿いに進む。(右)このあたりで不鮮明になる(おそらく小川沿いが旧々道)。
旧・花脊峠 D地点:京都市街側を見下ろす。

百井別れ E地点:百井別れ(直進がr38・R477重複・美山方面、右方向がR477百井方面)。ここからR477と重複。マウスオンでR477百井方から)。百井別れで検索。

花脊峠旧道

kyoto_r38-02-1 この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(大原)および5万分の1地形図(京都東北部)を使用したものである。
花脊峠の現道(F地点〜B地点)は昭和20年ごろまでに開通したようだが、昭和20年代初期の地形図には反映されていない。 F地点からの旧道は車道幅はあるが、未舗装で徒歩でのみ通行可能である。似たような林道分岐が多く本道をたどるのは難しい。

旧・花脊峠F地点:花脊峠。マウスオン:通信塔脇から旧道を進む。
旧・花脊峠 旧・花脊峠 (左)未舗装だが一車線程度は確保されている。(右)ヘアピンもある。
旧・花脊峠 旧・花脊峠 (左)崩落はないが、おそらく橋があった個所は落橋している。(右)現道合流手前までは木立の中を進む。
旧・花脊峠G地点:現道との合流点。京都市街向けに撮影。

花脊集落new

kyoto_r38-02-2.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、花脊)を使用したものである。
花脊の集落のあたりからは1車線区間と2車線に拡幅改良済の区間が交互に現れる。
短い区間のバイパスが数か所ある。

京路橋旧道

kyoto_r38-02-2-1.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(花脊)を使用したものである。
A地点:京路橋(昭和34年12月竣工)の旧橋が残る。徒歩で通行可能である。

京路橋旧道 京路橋旧道
左:京都市街側分岐点、右:美山側より撮影

京路橋旧道 B地点:R477との分岐点の手前で開花橋(昭和29年10月竣工)を渡る。旧橋跡は見つからないので同じ場所と思われる。
r38は右折、R477は左折。

八桝地区旧道

kyoto_r38-02-2-2.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(花脊)を使用したものである。
八桝地区に短いバイパス区間がある。現道は、 横差橋・椿橋でショートカットしている。91.12ごろに開通。
r38は↑以外でも桂川の蛇行をショートカットする形で造られているが、川沿いの道はなさそうである。

八桝地区旧道 八桝地区旧道
C地点:八桝地区旧道、左:京都市街側分岐点(冬期は除雪置き場になっている)、右:美山側分岐(現道から低い位置にあるため急坂になっている)。
致命的な崩落等はないが、整備はされていない。徒歩で通行可能である。

広河原new

kyoto_r38-02-3-2 この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、花脊、中、上弓削)を使用したものである。

広河原バイパス旧道

kyoto_r38-02-3-1.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、花脊)を使用したものである。
r110久多方面との分岐点である。H17.11に開通している。D地点〜E地点(r110交点)は車両通行可能。途中に旧堰源小・堰源中がある。 E地点からF地点までは車両通行止め・歩行者専用になっていて、若干崩落はあるが通行可能である。 34ページ:広河原バイパス(丁子谷口橋,天井滝橋,能見口橋等)の開通

広河原バイパス旧道 広河原バイパス旧道
広河原バイパス旧道、左:D地点・京都市街側分岐点、右:途中に古い「通学路」のオリジナル標識が残る。
広河原バイパス旧道E地点:旧道とr110久多方面との旧分岐点。
広河原バイパス旧道 F地点:広河原バイパス美山側分岐点(冬期は除雪置き場になっている・現道から少し低い位置にある)。

広河原地区旧道

kyoto_r38-02-3-2.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、花脊、中、上弓削)を使用したものである。
広河原の集落部をバイパスする区間がある。開通時期は不明(古い時期に開通している)。

広河原菅原町旧道 広河原菅原町旧道
広河原地区旧道、生活道路。左:G地点・京都市街側分岐点、右:H地点・美山側分岐点。
広河原菅原町旧道 出合橋旧道
T地点:出合橋(昭和46年8月完工)の旧橋跡。
左:京都側分岐、現道は出合橋で緩やかに左カーブで進む。旧道は直進。右:旧道は少しだけ上流に進み川を渡る。
出合橋旧道 出合橋旧道
左:旧橋跡を美山側より撮影・石垣があるので旧道跡であるが橋台など痕跡は残っていないようである。右:美山側分岐(民家の前に旧道跡が広がっている)。

佐々里峠

kyoto_r38-02-4.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、中)を使用したものである。
広河原スキー場付近から佐々里峠の区間は、1972年ごろから工事が開始され、1978年(昭和53年)に開通している。

広河原地区旧道

kyoto_r38-02-4-1.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、中)を使用したものである。

kyoto_r38 kyoto_r38
左:J地点・京都側分岐点、右:K地点

広河原スキー場から少し進むと、J地点でオバナ谷を進む林道が分岐する。未舗装だが、途中までは軽車両は通行可能と思われる。
沢を登りきると、山道となる。登山のハイキングコースにもなっているため、ハイキング記録は多く見つけられる。
本来の旧道はK地点付近から分岐しているようだが、道跡は不明確である。写真左下の未舗装路はJ地点からの林道。
J地点とK地点の間に柵があり、ここから美山側のふもとまでの間は冬期通行止めとなる。
オバナ谷で検索

佐々里峠

kyoto_r38-02-4-2.gif この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(久多、中)を使用したものである。
広河原スキー場からの現道は、2回のヘアピンを含んだ急こう配で一気に高度を上げたのち、稜線沿いに佐々里峠までは緩やかにすすむ。
季節により気持ち良いドライブ区間である。

kyoto_r38 kyoto_r38
左:佐々里峠(京都向き)、矢印の地点に旧道は登ってくる。右:旧道は急こう配で登ってくる。途中に山小屋があり山歩きの休憩もできるようである。

kyoto_r38メニュー京都r38メニューへ

メインメインへ

inserted by FC2 system